オススメ★レシピ集

豆乳レシピ
かぶの豆乳茶碗蒸し仕立て

かぶは冬を代表する野菜のひとつ。お正月にいただく春の七草の「すずな」というのはこの「かぶ」のことです。
でんぷんの消化酵素であるアミラーゼを多く含んでいるので、整腸効果が高いとされています。この季節の胃もたれや、胸焼けの解消にオススメです。
えびをタップリ詰め込んで華やかに。ベースは豆乳茶碗蒸しで、より健康的に仕上げました。 やさしい味を楽しんでください。
パーティーメニューとしても活躍しそうです!

材料

かぶ・・・8個
えび・・・150g

Aの材料
  卵白、酒、片栗粉、サラダ油・・・各大さじ1
  天海のにがり・・・小さじ1
  塩・胡椒・・・各少々

Bの材料
  卵・・・1個
  スープ・・・1/2カップ
  こだわりの豆乳・・・1/4カップ
  塩・胡椒・・・各少々

セルフィーユ・・・少々
水溶き片栗粉・・・適宜
スープ(かぶの下茹で用)・・・適宜(約4カップ)

かぶの豆乳茶碗蒸し仕立て

作り方

1) かぶは茎を落として皮をむき、中をくり抜いて、下茹で用のスープで固めに茹でて、そのまま冷ます。
2) えびは殻をむいて背わたをとり、包丁で歯ごたえが残る程度に荒くたたいてボールに入れ、Aの材料を加えてよく混ぜ合わせる。
3) 1)のかぶの汁気をきり、くり抜いた穴に2)をあふれるくらいタップリ詰める。茹で汁はとっておく。
4) Bの材料をボールに入れて泡立て器でよく混ぜ、こし器でこす。
5) 深めの器に3)のかぶを並べて4)の生地を注ぎ、蒸気の上がった蒸し器で15分ほど蒸す。
6) かぶの煮汁を温め直して水溶き片栗粉でとろみをつけ、5)の上にかける。
7) 仕上げに、セルフィーユを飾る。

『豆乳』レシピ集

※「赤穂の天塩」は、オーストラリア産の天日塩とにがりを原料とし、国内製造しています。

PAGE TOP