いつものごはんがふっくらつやつやに
天海のにがり
天海のにがりが凄い!8の秘密
炊飯ににがり!

にがりを入れると、マグネシウムが、食品に含まれているペクチンと結合するためです。
ご飯の表面を包み、水分とうまみをしっかり保ちます。

■使用目安量:米2合に対して、「天海のにがり」15ml(大さじ1)入れて炊いてください。

煮崩れ防止に!

■使用目安量:水100mlに対して、「天海のにがり」約1mlを煮る前に入れてご使用ください。

灰汁(あく)が取りやすくなる!

■使用目安量:水100mlに対して、「天海のにがり」約1mlを煮る前に入れてご使用ください。

発酵促進に!

■使用目安量:小麦粉100gに対して、「天海のにがり」約1mlを使用する水に溶かしてからご使用ください。

飲み物に加えて!

料理に利用するだけでなく、【にがり水】として飲むことで、食事で不足しがちなマグネシウムを簡単に摂ることができます。

■使用目安量:
コップ1杯の水に、小さじ1杯の「天海のにがり」を加えます。
これを1日に3回繰り返すことで、1日に必要なマグネシウム量(250mg)の約60%を摂ることができます。


「にがり」とは?

にがりは、海水を煮詰めて塩を採った後に残る透明の液体です。昔から、豆腐を固める凝固剤として使われてきました。
その液体の主成分は、マグネシウム。
マグネシウムは、料理と健康にさまざまな効果を与えてくれます。



マグネシウムの働き

・骨や歯の形成に必要。
・多くの体内酵素の正常なはたらきと
 エネルギー産生を助ける。
・血液循環を正常に保つ。


「にがり」とは?

「天海のにがり」の原料は、さまざまなミネラルを含む清浄な海洋深層水。
高知県室戸沖の水深344mから汲み上げた海水です。
その海洋深層水の取水から「にがり」の製造、ボトリングに至るまで、赤穂化成は徹底した品質管理のもとで行っています。



天海のにがり


※「赤穂の天塩」は、オーストラリア産の天日塩とにがりを原料とし、国内製造しています。

PAGE TOP