マグネシウムの栄養機能食品 天海のにがり
にがりとは何?

一般的に「にがり」は、海水から塩を取った後に残った液体のことを言います。広辞苑で「にがり」とは、「海水を煮詰めて精製した後に残る母液」と表現されています。
また、別名「粗製海水塩化マグネシウム」ともいい、「海水から塩化ナトリウム及び塩化カリウムを析出分離して得られた塩化マグネシウムを主成分とするものをいう。」と定義されています。昔から日本では豆腐の凝固剤として広く使用されています。


天海のにがり

「天海のにがり」は高知県室戸海洋深層水から食塩を取り除いた後に残る液体です。その液体の主成分はマグネシウム。海から生まれた食品でマグネシウムが豊富に補給ができます。
「天海のにがり」は清浄な室戸海洋深層水を100%使用したマグネシウム豊富な食品なので、美容・健康・料理に嬉しいはたらきがあります。
マグネシウムは現代人に不足しがちなミネラルです。「天海のにがり」は毎日の食事で簡単にマグネシウム補給ができる栄養機能食品です。


天海のにがり
にがりの主成分マグネシウム

現代人に不足しがちなマグネシウムはミネラルの一種です。マグネシウムはそのミネラルの中でも、カルシウムやナトリウムなどと並んで1日の摂取量が100mg以上必要です。
現在の日本人は、加工食品やスナック菓子、清涼飲料水などを食べる傾向が多くなり、食生活の変化によってマグネシウムの摂取量が大きく不足しているといわれています。さらにアルコールやストレスでマグネシウムが排出されるのも不足の原因です。
厚生労働省による調査では女性で1日約80mg、男性で約120mg程度のマグネシウムが不足していることが分かっています。


1日のマグネシウム摂取推奨量(30〜49歳)女性が290mg、男性が370mg。1日のマグネシウム不足量(成人)女性が80mg、男性が120mg。


健康・美容トレーニングをサポート。マグネシウムのはたらき

いま、現代人に不足しがちなミネラルであり、美容、健康、トレーニングのサポートにも関連すると、もっとも注目されているのが、にがりの主成分である、マグネシウムです。マグネシウムとカルシウムは密接に関係していて、マグネシウムが不足すると、血液中のカルシウムも減ってしまいます。カルシウム不足を補うためにも、十分にとっておきたいミネラルです。



マグネシウム(Mg)のおもなはたらき。(栄養機能食品としての栄養機能:「天海のにがり」)・ 骨や歯の形成に必要。・ 多くの体内酵素の正常なはたらきとエネルギー産生を助ける。・ 血液循環を正常に保つ。
いつでも簡単にマグネシウムを補給。飲料に薄めて飲むだけ

コップ1杯の水に、小さじ1杯の「天海のにがり」を加えます。
これを1日に3回繰り返すことで、1日に必要なマグネシウム量(250mg)の約60%を取ることができます。



1)炊飯に!ご飯がベタつかずふっくらつやつやに

にがりを入れると、マグネシウムが、食品に含まれているペクチンと結合するためです。ご飯の表面を包み、水分とうまみをしっかり保ちます。
■使用目安量:米2合に対して、「天海のにがり」15ml(大さじ1)入れて炊いてください。


にがりありだと米粒の組織が壊れていません。

※赤穂化成株式会社調べ


2)煮崩れ防止に

野菜の表面を包み、水分とうまみをしっかり保ちます。
■使用目安量:水100mlに対して、「天海のにがり」約1mlを煮る前に入れてご使用ください。


にがりありだと煮崩れていません。

※赤穂化成株式会社調べ


3)灰汁が取りやすくなる!

灰汁がたくさん取れているため、料理がおいしくなります。
■使用目安量:水100mlに対して、「天海のにがり」約1mlを煮る前に入れてご使用ください。



にがりありだとアクがたくさん取れているため、料理がおいしい。

※赤穂化成株式会社調べ


4)発酵促進に

発酵を促進するため、パンがよく膨らみます。
■使用目安量:小麦粉100gに対して、「天海のにがり」約1mlを使用する水に溶かしてからご使用ください。



にがりありだとふっくら

※赤穂化成株式会社調べ



ご飯/煮物/洋風スープ/ラーメンスープ等/汁物(味噌汁等)/麺類/(うどん、麺等)/パン/漬物/肉料理

※「赤穂の天塩」は、オーストラリア産の天日塩とにがりを原料とし、国内製造しています。

PAGE TOP