オススメ★レシピ集

豆乳レシピ
蒸しがんも

ひじきの鉄分に、枝豆のビタミン、豆乳とにがりでミネラルも含む。
蒸し物だから、年配の方、食の細い方にも。

材料(4人分)

こだわりの豆乳・・・600CC
天海のにがり・・・大さじ2強(30~40cc)
芽ひじき(水でもどす )・・・4g
にんじん(細い短冊)・・・10g
えだまめ(茹でる)・・・20g
ぎんなん(茹でる)・・・10粒
卵黄・・・1個分
きぬさや(茹でる)・・・4枚

下煮つゆ:
  だし汁・・・大さじ4(60cc)
  砂糖・・・大さじ1/2弱
  薄口しょうゆ・・・小さじ1強

あん:
  だし汁・・・1カップ
  みりん・・・大さじ1
  薄口しょうゆ・・・小さじ1~
  塩・・・小さじ1/3~
  しょうが汁・・・小さじ1/2~
  水溶き片栗粉 ・・・小さじ2~(片栗粉1に対して水1の割合)

蒸しがんも

作り方

1) 鍋に「こだわりの豆乳」を入れ、火にかけて80℃ぐらいに熱し、「天海のにがり」を加えて手早く混ぜ、おぼろ豆腐を作る。
ザルに布を広げ豆腐をすくい取り、しばらくおいて水気を切る(軽く絞る)。
2) 小鍋に「下煮つゆ」を合わせ、ひじき、にんじんをつゆがなくなるまで煮る。
3) ボールに1と2とえだまめ、ぎんなん、卵黄を混ぜ合わせ四等分する。
各々ラップで包み、輪ゴムで止め茶巾絞りにする。3~4分蒸し器で火を通し椀に入れる。
4) 鍋にあんの調味料を合わせ、煮立ったら水溶き片栗粉でとろみをつける。
最後にしょうが汁を落とし、3にかけ、きぬさやの千切りをあしらう。

『豆乳』レシピ集

※「赤穂の天塩」は、オーストラリア産の天日塩とにがりを原料とし、国内製造しています。

PAGE TOP