Q&A

純水について

「純水」ってどんな水?

PAGE TOP

高知県室戸沖に湧き上がるクリーンな海洋深層水を原料とし、半透膜(RO膜)を使用してミネラル成分を可能な限り取り除いた高純度水です。

海洋深層水とは?

PAGE TOP

海洋深層水とは、光合成に必要な太陽の光が届かない水深200m以深の水温が急に冷たくなっている層にある海水のことをいいます。
「純水」は高知県室戸沖2200m、水深344mから取水した室戸海洋深層水を100%使用しています。

パッケージに表示している「RO(逆浸透)水」とは?

PAGE TOP

Reverse Osmosis(逆浸透)を略してROといいます。
RO水とは、半透膜(100万分の1ミリ以下の超微細メッシュ)を使用して逆浸透ろ過した水のことです。
「純水」は超微細ろ過を2回行い、可能な限り高純度な水に仕上げています。

「純水」の硬度は?軟水ですか?

PAGE TOP

硬度0の軟水です。

軟水と硬水は何が違うのですか?

PAGE TOP

水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの総量が少ない水を軟水、多いものを硬水といいます。
※詳しくは「天海の水」Q&Aの「硬度とは?」をご参照ください。

「純水」は軟水です。毎日の飲用水、赤ちゃんのミルク用の水、お薬を飲むときの水など、幅広い用途でご使用いただけます。

海水を使用した商品ですが、放射能について検査していますか?

PAGE TOP

弊社は高性能の放射能測定装置を導入し、自主検査を行っています。
検査対象となる核種は原発事故汚染指標となるヨウ素131及びセシウム134、137です。
「純水」は「放射能未検出(検出限界1Bq/kg)」を確認し、商品をお客様にお届けしております。
放射能測定装置導入による自社検査開始のお知らせ

詳しい検査結果につきましては、ホームページの新着情報にて随時ご報告いたします。
深層水関連商品 放射能測定検査結果報告書

赤ちゃんに飲ませても大丈夫?

PAGE TOP

安心してお飲みいただけます。
また、硬度0の軟水のため、粉ミルクに含まれているミネラルバランスが崩れにくく、赤ちゃんのミルク作りの水にも適しています。

「純水」をミルクの調乳に使用したいのですが、煮沸は必要ですか?

PAGE TOP

煮沸は必要ありません(未開封の場合)。
ただし、開封済みの「純水」は、煮沸してからご使用ください。

pHはいくらですか?

PAGE TOP

「純水」のpHはおよそ6、弱酸性から中性付近です。


その他のご質問はこちらからお問い合わせください。

※「赤穂の天塩」は、オーストラリア産の天日塩とにがりを原料とし、国内製造しています。

PAGE TOP